注目を集めている!営業代行ってどんな仕事なの?

営業代行って何だろう?

営業代行とは、本来なら自社で行うべき営業を、他社に依頼して代行してもらうことです。営業アウトソーシングや営業外注などと呼ばれることもあります。かつての営業は自社の営業部門で行うのが当たり前でした。しかし、近年では会社の分社化やアウトソーシングが進み、営業部門も専門性のある他社に任せることが多くなっています。あなたのお宅に訪問しているセールスマンが、もしかしたら営業元から依頼されてきた営業代行かもしれないのです。

営業専門だからこそノウハウがある

営業代行と聞くと、不安になる方も多いでしょう。もしかしたら他社の商品を売り出しているかもしれないということです。本当に任せられるのでしょうか。じつは、必ずしも営業代行が悪いということはありません。営業には、それ専用のノウハウが必要とされています。訪問販売で「この人の話を聞いてみたい」と思ったことはありませんか。それは商品そのものの価値よりも、その人の打ち解けやすさや、説明の上手さに惹かれていることが多いのです。営業代行は営業を専門職としているため、営業のノウハウをたくさん蓄積しています。結果、社内の営業部門に任せるよりも良い成績を出すことが多いのです。

信頼関係がなによりも大切

営業代行に任せるときには、信頼関係がなによりも大切になります。営業は会社の売り上げを大きく左右する仕事です。営業を失敗してしまったために会社が倒産の危機に陥ることも少なくありません。そのため、以前は自社の営業部門に任せることが常識とされていました。営業代行が本当に業績を伸ばしてくれるかはどうかは、やってみなければ分からないことです。だからこそ、絶対に大丈夫だという信頼関係がなによりも大切になります。

営業代行のサービスを専門としている業者においては、良心的な価格体系がアピールポイントとなっています。