フォークリフトが活躍している現場から知ることができるものとは・・・

フォークリフトが活躍している倉庫という現場

フォークリフトが活躍している現場といえば、やはり倉庫ということになるでしょう。何といっても、荷物を積み込んでは運んで、また収納といった作業となれば、これぞフォークリフトの出番、というわけだからです。このために、ちょっと大きめで、大量の荷が収納されているような倉庫では、フォークリフトの姿がないところ、というのはまずないでしょう。人の高さの2倍も3倍もある、二段積み、三段積みされている荷を、フォークリフトが手際よく重ねて行く、といったお馴染みの光景が展開されているわけですね。

フォークリフトはその名の通りにフォークのあるリフト

フォークリフトとは、その名の通りに「フォーク」のある「リフト」というもので、ちょうど食事に用いるフォークのような二本のツメ(フォーク)で、荷物を持ち上げて(リフト)運ぶ、という搬送用マシンの名称となっているわけです。このフォークで荷物を持ち上げることができるように、荷物の下にはパレットという下駄をはかせるようになっているので、フォークリフトで荷物の搬送作業を行っている現場では、このパレットの上に荷物が置かれているようになっているのです。

フォークリフトが登場して倉庫の収納効率も向上して

このフォークリフトというものがなければ、縦横1メートル四方もあるような荷物を、二段、三段と重ねて置いてしまう、というようなことは容易にはできなかったでしょう。大量の荷を倉庫に収納する場合に、縦に重ねて置くことができなければ、横に並べて置かなければならなくなりますから、とても収納効率が悪いことになってしまいます。しかし、このフォークリフトが登場したことで、1メートル四方もあるような大きな荷物でも、二段、三段と重ねて収納してしまい、また運び出すことも容易にできるようになったのです。

フォークリフトは、工場の入荷や出荷の際、パレットを移動させるために必要な重機です。雪国では、アタッチメントを替えることで、駐車場の雪かきなどでも使用します。