起業の方向性!拡大経営は慎重に行なうこと!

今まで経験やコネを使う

起業をするのはよいですが、問題は何でやるのか、ということになります。これまでのコネや経験を生かすことによって、成功率を高められるようになります。仕入れルートの確保などは確実にコネや人脈があってこそです。お金があればよいのでは、と思うかも知れませんが信用こそ、商売では大事です。或いはキャッシュで毎回買うなどの方法もありますが、それでは資金繰りが大変になります。仕入れが必要な商売の話ではありますが、やはり起業にコネは大事です。

経理関係の能力も持っていたほうがよい

どんな業種で起業をしようとしているとしても、確実に求められるスキルがあります。スキルとして、経理関係は必須になります。そうしないと事務処理、税無関係の申請ができないからです。人に依頼することもできますが、お金がかかることになります。今はコンピュータソフトで経理の処理ができますから、少し慣れれば個人事業者程度であれば、十分に使えます。経理は税務申告のみならず、経営のデータにもなりますから、しっかりと把握することです。

企業経営の拡大方針に関して

まずは一人や友人などと起業をすることがあります。家族でやる場合もあります。こうした事業であっても、どんどん大きくなっていき、拡大経営をしていく必要性が出てくることがあります。その時に人を雇うかどうかという非常に難しい問題に直面する可能性があります。そこでミスをしますと起業したのが一気に傾く場合があるのです。起業したての場合は、多少、好調であっても慎重に考えて、拡大するべきかどうかを決めるべきになります。

フランチャイズとは代理店契約を結ぶ事で元締め会社の看板やサービスを商用的に利用できるビジネスの事です。