トイレ詰まりの予防と対策!自分で出来る簡単なポイント

トイレを詰まらせないための基本対策!

トイレを詰まらせないための基本的な対策さえしておけば、高い確率で詰まる事はありません。自分でできる対策なので、このポイントを心得て下さい。まず最低限のポイントは、トイレットペーパーの過度な使用は、その度に一度流してためないことが必要ですよ。トイレットペーパーといえどもすぐに水に溶けるわけではありませんよね。そのため配管の直径と同じような固まりになって流してしまうとつまりやすくなります。従って数度に分けて水を流すことで、一回に流す量の質量が少なくなります。これだけで、トイレが詰まる確率が一気に低下しますよ。

詰まってしまった時の対処法!その1!

続いて実際につまってしまった場合の対処法です。まず初めに行う対策は、ズバリ、少しの間放置して様子をみることです。しばらく放置すると詰まっていた部分のトイレットペーパーが徐々に溶けて隙間ができたり、水圧の力で少しずつ流れていく場合があるので、この方法が有効的でしょう。放置して、しばらくしたら、一気に流れていったという経験をした人も多いですよね。このように実際に詰まってしまった場合、慌てて何度も流してしまい、便器から水が溢れてしまうことがないようにすることが重要です。落ち着いて対処しましょう。

詰まってしまった時の対処法!その2!

詰まってしまい、放置したけどそれでも流れて行かない場合は、すぐに業者に連絡したくなりますが、一度、昔ながらの方法で対処してみましょう。それは昔からある道具を使います。誰でも一度は見た事がある吸引棒です。吸引棒を使う事で、詰まった部分に加圧をし、詰まりを解消する方法です。以外と最近の家庭にはあまり置いてない道具なので、もしもの時用に1つは購入しておくことがオススメですよ。このようにトイレの詰まりには自分で対処できたり予防する方法があるので、パニックにならず落ち着いて対処しましょう。

水漏れの対策をするには、水道工事などに詳しい業者に修理代金の見積りをお願いすることが良いとされます。