これさえ守れば完璧?やってはいけないブラックハットSEOの数々

オリジナルコンテンツこそ価値がある

ホームページの最適化は、検索サイトのガイドラインに従ったホワイトハットSEOを手法とするのが一般的です。一方、その対極に位置するブラックハットSEOが、検索サイトによるペナルティーの対象となることを知らずに行っている人は少なくないのではないでしょうか。コンテンツのコピーは、ブラックハットSEOの常套手段の一つです。ホームページのコンテンツ量を増やすことが目的として行われますが、当然ながらペナルティーの対象となり、著作権問題に発展する可能性もあります。コンテンツの充実は、地道かつ自然に行うのが良いでしょう。

コンテンツが貧弱になりがちなサテライトサイト作り

最適化を目的とした意図的なサテライトサイト作りも、ブラックハットSEOの一つです。サテライトサイトは、主となるホームページの被リンクを増やすことを目的として行われます。ホームページと関連するサテライトサイトを多数作成し、あたかも外部サイトから多くのリンクが張られているように見せかけるものですが、大量に作成する必要があることからサテライトサイトの多くはコンテンツが貧弱になってしまいます。評価の低いサイトからの被リンクは、結果的に悪影響を及ぼすことになるため、その時間や労力を主となるホームページを充実させることに使った方が無難なのです。

悪質な有料ツールの購入は無意味

最適化を目的として、各種のツールを有料で販売しているサイトも存在します。例えば、お金を払って被リンクやサテライトサイトを購入するのもその一例です。また、コンテンツコピーの自動化ツールや、記事の自動作成ツールなども同様です。全ての作業を自動化し、最適化を楽に行いたいという気持ちはわかりますが、検索結果の一時的な下落などでは済まされず、長期的な検索結果からの削除など厳しいペナルティーが課せられることもあります。急がば回れではありませんが、後で泣き寝入りしないためにもガイドラインに沿ったホワイトハットSEOを行うのが、一番の近道と言えます。

ホームページ作成とSEOは同時に行うと良いです。SEOを行うことで、集客を行うことができるからです。