フランチャイズで独立・企業する前に考えること

フランチャイズは大きな可能性を秘めている

サラリーマンは気楽な稼業といわれたのは昔のことです。現代では昔のような終身雇用で年功序列に給与が上がっていくのは公務員と一部の大企業だけ。最近では上場企業の中からも経営不振が囁かれ、大規模なリストラ策を講じているところもあるくらいです。そのような現実を目の当たりにすれば同じ大変な思いをして毎日働くなら、いっそ自分の店を持って打ち込んでみたいというのは誰もが考えることでしょう。しかし、実行に移す前にはいくつか確認しなければならないことがあります。

フランチャイズを募集している業種

フランチャイズを推奨している業態はたくさんあります。誰もが知っている有名なところではコンビニエンスストアやファーストフードのお店などが積極的にフランチャイズを展開しています。変わった業種としてはペットの出張葬儀屋さんとかハウスクリーニング店などもフランチャイズによって運営されているケースが多いようです。このように多岐にわたるフランチャイズの業種ですが条件はさまざまです。まず殆どのフランチャイズ契約の場合、加盟金というものが必要となってきます。最も高いもので学習塾などで300万超、コンビニなどで200~300万程度、逆に安い方ではハウスクリーニングなどで10~20万円くらいが相場になっています。

自分にあった業種選択

その他に、研修費や仕入れに対する買い付けが発生する業種も有り、売上が確定し収入が安定するまでの資金として3ヶ月分の運営費なども用意しなければいけません。サラリーマン時代では考えられなかったような大きな金額をつぎ込んでスタートさせる商売なわけですから、必要資金の大小よりも、本当に自分が打ち込める仕事なのかどうかを冷静に判断することが必要です。苦しい時期を乗り越えていくことができるのかどうか、つぎ込んだ資金を回収できるまで頑張れるかどうかはひとえにその仕事に対してどれだけ情熱を持てるかに掛かっているのです。

代理店の募集は、幅広い分野の企業が積極的に行っており、自分の希望に合った分野の代理店へ応募できる点が魅力です。